【㐂多呂(きたろ)】名店「小川下」の草鍋が食べれる九条の居酒屋。

喜多呂

ABOUTこの記事をかいた人

「美味しいフードや綺麗な景色は沢山の人にシェアしたい!」がブログのテーマです。ここ5年間の移動距離が約175000キロ 約地球4周分!そんな私は食べる事と写真が大好きで、大阪と和歌山で食べ歩き撮影を続けています。私のブログがたくさんの人の感動や笑顔に繋がれば嬉しいです。40代サラリーマンブロガー 【Konnichiwa! My name is Nagamasa. I live in Osaka, Japan. I want to spread all about Osaka and Wakayama-prefecture through the world. Please come to Osaka and Wakayama-prefecture, all our culter: wonderful people, delicious food and beautiful scenery are waiting for you. I am pleased if this blog can be useful. I hope that your trip in Japan will be a amazing experience for you. Thank you!】

こんばんは、トカイナカブロガーのながまさです。

あまりに嬉し良い事があったので記事にしてみました。

スポンサーリンク



今から10数年前、友人が教えてくれた一軒の鍋料理屋さんの話です。
その名を「小川下(こかげ)」と言い草鍋が美味しい九条にあるお店でした。

鍋のシーズンには予約さえ取れないそんなお店、
数回通ったのですが、その後店主が亡くなってしまい「小川下」は閉店、
もう二度と草鍋は食べれないものに・・・・

この食べたくても食べれないモノが出来るって凄く落ち込んでしまいます。
当時の私もそうでした「草鍋」食べたいなーって冬になったら思い出して
さみしく感じていました。

「しか~し!」

つい最近「小川下」の草鍋が復活したと聞きいたんです!
もー是が非でも食べたい!あの感動をもう一度!

「冬まで待つなんて無理!食べたーい」

と言う事で「草鍋」食べてきましたよ。

「㐂多呂」はこんなお店

喜多呂

阪神電車「九条駅」から徒歩5分ほど、「九条千日通り商店街」に「㐂多呂」はあり、
亡き「小川下(こかげ)」の店主の妹さんが経営されています。

昔「小川下」があった場所、そして建物もそのままで
店名だけを「㐂多呂」に変えてお店をされています。

喜多呂

店内は流石鍋屋さん、テーブルも円卓で6人掛けになっています。
その他カウンター席とお座敷席の約30席。

二階は座敷席になっていて、忘年会などグループでも使えるスペースになっています。

「㐂多呂」のおしながき

喜多呂

名物はやっぱり「草鍋」です。

どちらかと言うと立ち飲み感覚で入れる居酒屋でしょうか?

他のメニューは安価&少量で一人でフラット呑みに入っても大丈夫なお店です。

この日も、スーツ姿の渋めのおじさまが一人、日本酒を楽しんでいました。

喜多呂 喜多呂

こんな感じで好きなものをえらんでいただけます。
それにしてもシンプルな「酒のあて」です。

この日は「草鍋」と「だし巻」、そして「ヌタ」を注文しました。

これが「㐂多呂」の草鍋!

喜多呂

やっぱり「葉っぱ」しか見えません!

鍋の中身は、菜っ葉、もやし、にら、春雨、豚肉、豆腐といたってシンプル。

喜多呂

これをぐつぐつと炊いていくとこんな感じになります。

喜多呂

途中上下をひっくり返し出汁を足してもう一炊きしたらできあがりです。

このお鍋はこれにつけていただきます!ポン酢じゃないですよ!「醤油」と「からし」です。

喜多呂

このシンプルな組み合わせがホンマ最高に美味い!お鍋から少し出汁を足していただきます!

喜多呂

マル秘なベース出汁に野菜と豚肉でなんでこんなに美味いのか・・・

喜多呂

食べてる時は気が付かないのですが、出汁が少しピリッとしています。

もーホンマにあっという間に無くなりました。

一品はこんな感じです。

喜多呂

だし巻は、昔ながらのおばあちゃんが作るだし巻って感じです。

喜多呂

この「ヌタ」はなんか凄く懐かしい味、白味噌の甘味とゆず酢の酸味が最高!

一品をいただいた後「雑炊」をいただきました。

喜多呂

雑炊一人前を注文してお茶碗2杯分ありました、2人なら丁度いい量だと思います。

十数年の時を超えていただいた「草鍋」は当時と変わらない美味しさでした。

今年の忘年会はもう一度「草鍋」をいただきに行こうと思います。

「復活してくれてありがとう!ご馳走様でした!」

「㐂多呂」のお店詳細

店名 「㐂多呂」(きたろ)
住所 〒550-0027 大阪府大阪市西区九条1丁目16−13
問い合わせ 06-6584-1955
営業時間 11時~22時
定休日 水曜日

「㐂多呂」に行った感想とまとめ

懐かしい味を久しぶりに堪能、最高の時間でした。

「草鍋」は一人前1600円とリーズナブル、ヘルシー志向の方や女性に特におすすめ!

これから季節には最高の鍋料理です。

スポンサーリンク



喜多呂

コメントを残す